2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休日
2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
 
 
 
 
 

地震など災害時の対処法

地震は急に発生するため、災害時はどうしていいのか判断に迷ってしまうものです。事前に対処方法を頭に入れておくことで、いざという時も落ち着いて行動できます。こちらでは、地震が発生した時の対処法や地震直後の情報収集について紹介します。

地震が来た時の対処法

地震が来た時の対処法

災害時は、まず自分の身を守ることが最優先になりますが、具体的にどのような対処をすればいいかは、発生した時にどこで何をしているかによって異なってきます。以下に一例をいくつか紹介させていただきますので、ご参考にしていただければ幸いです。

  • 屋内にいる場合

    自宅にいる時に地震が発生した場合は、揺れによる落下物から身を守るためにテーブルの下などに入って揺れが収まるのを待ちます。特に頭を守ることが大切なので手で、頭を抱えたりクッションなどを使って頭を保護しましょう。

  • トイレやお風呂にいる場合

    トイレやお風呂に入っている時に地震が発生した場合は、ドアが曲がったり壊れたりして開かなくなってしまう可能性があるので、ドアを開けておく必要があります。そして、頭を保護して揺れが収まるのを待ちます。

  • 寝室にいる場合

    夜、寝ている時に地震が発生した場合は、布団やまくらを被って揺れが収まるのを待ちましょう。暗い中行動する際は、地震で割れたガラスなどを踏まないように注意する必要があります。

  • 屋外にいる場合

    屋外にいる時に地震が発生した場合は、頭を保護しながら大きな看板や塀、自動販売機など落ちたり倒れたりする可能性があるものからゆっくりと離れることが大切です。

    また、運転中に地震が発生した場合は、その場で急に止まると事故につながるので、ハザードランプを点けながら安全な場所まで徐行してから停止しましょう。

地震直後は情報収集を忘れずに!

地震直後は情報収集を忘れずに!

地震の揺れが収まったら、二次災害に遭わないように対処が必要です。適切な対処をするために必要となるのが情報収集です。震源地の場所や震度、津波の心配などの情報がなければ、どこが安全なのかもわかりません。

また、周囲の状況がわからないと精神的にもパニックになってしまって冷静な判断ができなくなってしまいます。災害時は可能な限り情報収集をして、自分が今どのような行動をとるべきかを判断する必要があります。

地震直後は情報が錯綜しますし、時間の経過と共に状況が変わってきますので、こまめに情報収集することと、間違った情報に惑わされないように周辺の人達と情報を共有することが大切です。

地震が発生した時の対処法や発生直後の情報収集について紹介しました。災害はいつ発生するかわからないものですので、いざという時の情報収集に備え事前にワンセグテレビやラジオを準備しておくと安心です。

APPBELLでは、防水のポータブルワンセグテレビラジオを取り扱っています。ワンセグテレビとラジオの機能を兼ね備えているため、災害時はもちろんアウトドアシーンでも活躍します。

災害時に備えて安心!ワンセグテレビラジオを販売

会社名 株式会社APPBELL
住所 〒102-0093 東京都千代田区平河町1丁目3−6 BIZMARKS麹町2階
電話番号 03-5315-4809
メールアドレス shopmaster_m@app-bell.jp
営業時間 10:00〜12:00 / 13:00〜17:30(土日祝祭日・年末年始を除く)
URL https://www.app-bell.com/

ページトップへ