2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
休日
2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
 
 
 
 
 

揃えておくべき防災グッズを知っておこう

防災グッズの必要性は感じてはいるものの、いざ揃えるとなると何を揃えればいいのかわからないという方は少なくないでしょう。こちらでは、これだけは揃えておくべきというおすすめの防災グッズと防災グッズの選び方、保管場所について紹介しています。

最低限揃えておきたい防災グッズ

最低限揃えておきたい防災グッズ

防災グッズとして、食糧と飲料水を備えておくことは重要です。災害が発生して電気や水道、ガスなどが止まり、復旧まで期間を要するとなると調理ができませんし、お店に買い出しに行ってもお店が営業していなかったり、多くの人が押し寄せて思うように確保できない可能性があります。

一般的に、防災用に準備しておく食糧と飲料水の量の目安は三日分と言われています。これは、災害が発生してから三日間は物資が思うように行き届かないことが予想されるからです。また、衛生面を考えるとウェットティッシュや簡易トイレも揃えておきたい防災グッズです。

被害状況によっては水が使用できなかったり、砂ぼこりが多くなるケースも考えられるので、ウェットティッシュがあると便利です。また、近くにトイレがなかったり水を流せないという場合に備え、簡易トイレがあると安心です。

さらに、災害時に情報が遮断されてしまわないようにポータブルラジオやテレビ、スマホなど家電を充電できる充電グッズも揃えておくと良いでしょう。

防災グッズの選び方

防災グッズを選ぶ際は、優先順位を意識して本当に必要となるものから揃えていくことが基本です。防災グッズをたくさん揃えておくと安心するかもしれませんが、災害発生時の短い時間に一度に持参できるものは限られます。

実際に持っていくことを想定して、防災グッズを選ぶことが大切です。また、家族で防災グッズを揃える場合は、一つあれば家族みんなで使えるというものは別々に用意せずに一つにしておくと、荷物をコンパクトにできます。

さらに、食糧選びをする際には、長期保存することを想定して保存期間ができるだけ長いものを選ぶようにしましょう。

防災グッズの保管場所

防災グッズの保管場所

防災グッズの保管場所はすぐ避難をする場合に必要なものと、備蓄品とするものによって異なります。自宅から迅速に避難しなくてはいけない場合を想定して、寝室や玄関など持ち出しやすい所にコンパクトにまとめて保管しておくのがおすすめです。

また、食糧や水などの備蓄品は、浸水のリスクを考えると1階よりも2階に保管するのがおすすめです。また、家に入れなくなることを考えると、倉庫や車に保管しておくとリスクを減らすことができます。

最低限揃えておきたい防災グッズや防災グッズの選び方、そして防災グッズの保管場所について紹介しました。いざという時に、役立てることができるようにしっかりと防災グッズを揃えておきましょう。防災グッズとしてワンセグ対応のラジオやテレビをお探しなら、APPBELLをご活用ください。

APPBELLでは、ワンセグテレビラジオやマグネ充電器などの商品を提供しています。ワンセグテレビラジオは、1台あると災害時はもちろんアウトドアシーンでも活躍するアイテムです。興味のある方は、ぜひチェックしてください。

防災グッズとしてワンセグ対応のラジオ・テレビをお求めなら

会社名 株式会社APPBELL
住所 〒102-0093 東京都千代田区平河町1丁目3−6 BIZMARKS麹町2階
電話番号 03-5315-4809
メールアドレス shopmaster_m@app-bell.jp
営業時間 10:00〜12:00 / 13:00〜17:30(土日祝祭日・年末年始を除く)
URL https://www.app-bell.com/

ページトップへ