2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休日
2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
 
 
 
 
 

AM・FM放送の違いとワイドFMについて知ろう

ラジオを活用するのであれば、AM・FM放送についてとワイドFMについて知っておくのがおすすめです。こちらではAMとFM放送の違いと、災害時に強いワイドFMについても紹介しています。

AM放送とFM放送の違い

AM放送とFM放送の違い

ラジオは、放送局が音声を電気信号に変えて電波に乗せたものを受信し、再び音声に変えることで情報や音楽などを流す仕組みになっています。

このように音声を電気信号に変えて電波を飛ばす方法を変調といいますが、AM放送とFM放送はこの変調の方法が違います。

  • AM放送

    AM放送は、電波の強弱を変化させる方法(振幅変調方式)で音声を届けます。長い波長を使用しているため広範囲に電波を届けることができるのが大きな特徴ですが、電波の混信などによってノイズが入りやすく、音質はそれほどよくありません。

  • FM放送

    FM放送は、周波数を変化させる方法(周波数変調)で音声を届けます。波長が短いため電波が届けられる範囲は狭くなりますが、ノイズが入りにくく音質が良いのが特徴です。また、放送域の狭さは送信所をたくさん設置し、同時に同じ番組を送信することでカバーできます。

このようにAM放送とFM放送とでは変調が異なるため、送信所も異なります。FM放送の送信所は高い位置に設ける必要があるため、山頂や高台などに設置されているケースが多く、広い土地を必要とするAM放送の送信所は遮蔽物のない郊外に設置されています。

災害時に役立つワイドFMとは?

災害時に役立つワイドFMとは?

災害時に情報を得る方法としてラジオは有効な手段になりますが、AM放送の場合だと状況によってはノイズが入ってうまく聞き取れなかったり、平地にある放送局が地震や津波の影響を受けて情報を送ることができない可能性もあります。

そこで、注目されているのがワイドFMです。ワイドFMとは地上デジタル放送に移行した際に使用しなくなった周波数帯域の一部を使用し放送するもので、AM放送の内容をFM放送で聞くことができるという特徴があります。

そのため、FM補完放送とも呼ばれています。ワイドFMであれば、災害時でもFM放送によって送られてくる情報を良い音質で聞くことができます。

また、FM放送の送信所は山頂や高台など高い位置に設置されているケースが多いので海岸部の災害の影響を受けにくく、いざという時に送信できないというリスクも低いという利点があります。

AM放送とFM放送の違いや、ワイドFMについて紹介しました。このようにワイドFMが聞けるラジオがあれば災害時の情報収集に大いに役に立つので、防災グッズとして防災ワンセグテレビ・ラジオをお求めなら、ワイドFMにも対応したラジオをご検討ください。APPBELLでは、ワイドFMに対応したラジオやワンセグテレビ・ラジオ、充電器などの防災グッズを扱っています。

防災グッズとしてワイドFM対応のワンセグテレビ・ラジオをお求めなら、APPBELLをご活用ください。

防災グッズとしてワンセグ対応のラジオ・テレビをお求めなら

会社名 株式会社APPBELL
住所 〒102-0093 東京都千代田区平河町1丁目3−6 BIZMARKS麹町2階
電話番号 03-5315-4809
メールアドレス shopmaster_m@app-bell.jp
営業時間 10:00〜12:00 / 13:00〜17:30(土日祝祭日・年末年始を除く)
URL https://www.app-bell.com/

ページトップへ